糀肌 | ロート製薬と古町糀製造所が生んだ化粧品

糀肌 古町糀製造所

  • ロート製薬株式会社 通販事業部 0120-880-610 午前9時~午後9時(年末年始を除く)※おかけ間違いにご注意ください。
  • ロート通販 オンラインショップへ(外部サイトへ)

糀肌のこだわり

商品のご購入はこちら(外部サイトへ)

ロート製薬が探していた美肌の知恵 ヒントは杜氏(とうじ)の手でした。

ロート製薬が着目した「糀」

大人の女性の美肌に役立つ新しい知恵を探していたロート製薬はある仕事をする人の手に興味をもちました。
それは、お酒づくりの職人杜氏。常に冷たい水にさらされ、黙々と働く杜氏の手。
冬場は手肌が荒れてガサガサになるといいます。
しかし、ある時だけ、ひどい手肌の荒れが嘘のようにつるつる、すべすべになるのです。
それは「糀」にふれている時でした。
不思議なチカラを持つ糀に、心惹かれている時
運命的に出会ったのが、米どころ新潟で、糀の魅力を伝えていた古町糀製造所でした。

蔵の奥深くで、糀を大切に育む「糀室(こうじむろ)」。
杜氏たちはここで、いつくしむように、蒸した米を広げた上に、種糀をまぶしていきます。
室に満ちる、柔らかい香り。
ニ日ほどかけて、次第に米は芯まで糖化し、純白の糀になります。
手間ひまをかけた「米に咲く花」、生産量が限られた貴重な糀。
古町糀製造所の糀には、自然とともに生きる美しさと健やかさが宿っています。

「米」に咲く、小さな「花」

一般的に「こうじ」は「麹」と書きます。
しかし「糀肌」につかっているのは、米に咲く花と書く「糀」。
実はこの漢字は明治時代に日本で作られ、米糀のみを表します。

厳しい冬。日本に伝わる酒蔵の奥深く、手を冷たい水にさらしながらも、酒造りをおこなう杜氏たち。いくつしむように丁寧に糀を仕込むと米の周りに小さな花を咲かせるように、ふわっと美しい「糀」ができあがります。

商品のご購入はこちら(外部サイトへ)

  • ロート製薬株式会社 公式サイトへ(外部サイトへ)
  • 古町糀製造所 公式サイトへ(外部サイトへ)

ページトップ